wisfairy |’ω’|

wisfairy
M7ハッピハッピー教教祖 wisfairy
M7プリーストが自我をもち自身の存在価値をアピールするようになった存在。
2011年、NAでのCW(無制限)で、M7プリースト(Tier4)を出そうとしてキレられる。
当時のTC(10/90)で、M7プリースト(Tier4)を出そうとしてキレられる。
その後も、メンツ次第で許してくれそうなら何度も出そうと試みる。

いわく
「M7プリーストであれば稜線裏に着いた敵を狙えるし連射で効果的に削れる!」

( ´_ゝ`)

その後、どれだけ連打であてようが大口径一発に勝てないことなど、
いろんな人から説明がなされたけど納得した様子はなかった。
TC等で出場機会が無くなっても、M7熱は覚めることなく、
高Tier戦場にクソプラでM7を連れて行ってくれってせがむことに形を変えた。
(これは終生変わらず、実際にTier9以上で何度もM7で出ていた)

時は過ぎて2013年、舞台はASIA、SDRHBとなっていた。
現WGLの前身であるTanksAsiaの最初のトーナメントにSDRHBから4チームが参加し、
全チームが配信される上位トーナメントまで進出。快挙であった。

俺は配信で見てしまった。
RuinbergでM7プリーストに乗ったwisfairyの勇姿と、叩きだされる20ダメージを。

( ´_ゝ`)

だいたいどういう事が起きたのかはわかってしまった。
7/42においてM7を採用するなんて話は聞いたことがない。
M7を採用しようなんて話が突然湧いてでてくるわけがない。
M7を使おうと考える奴なんて地球に一人しか居ない。
wisfairyが編成について知識の浅いメンバー達にM7をプッシュして通させたのが明白だった。

—————————————————————————————————————-

チーム戦において個は「必要とされるものを提供」すべきだけど、彼は真逆のスタンスのプレイヤーである。
「自分の個人的な趣味」を必要としてくれる場所、を常に探して回って歩いている。
必要としてくれるというのも自惚れがすぎる。
実際には「お目こぼししてくれるぬるい相手」が正しいか。

NavyFIELDというゲームのチーム戦で、俺ではない別人が仕切っているチームで
似たような問題を起こして期間中にばっくれるということもやっている。
チームから対空艦としての駆逐艦運用を求められて、
魚雷艦としての運用しかするつもりがないというような話だったと記憶してる。

WoTだけみても、それまでにも、Campを決め込んだ味方HTをTKしてやったみたいな話をドヤ顔で披露し始めて皆の頭を痛くさせたりなんてこともあった。その度ツッコミは入れていたがどうも響かなかったようだ。

自分の主張を提案し、単純にあわよくば。それだけなら、まだわかる。
こいつの真に質の悪いところは、相手によって態度を変えて押しが弱そうならナメてかかるってところ。

—————————————————————————————————————-

なんで今wisfairyなのか。
上記の事件をきっかけにRHBを出ることになった彼は、その後クランを点々とし、
元RHBですとドヤ顔で入隊しては問題を起こして出て行くという状況にある。
ということが明るみになっちゃったんだよなーwwwww
爆笑いくだろこれwwww

https://twitter.com/touhoubass/status/555597633134161920

https://twitter.com/YF_23_GrayGhost/status/559238305909190656

https://twitter.com/preta774/status/559285088307785728

https://twitter.com/zyukuren/status/559271576818827264

https://twitter.com/IA_Gewehr3/status/559563603582263296

https://twitter.com/free_people45/status/697292612563288064

https://twitter.com/gesenoob/status/697289590483202048

そういや明けてた

いまさらですがあけまんこ。

2010年は最後のNF世界戦があった年であり、俺がWoTを始めた年。
2011年はNAで事実上RAHABが最強のクランとして、常勝の楽しみを謳歌した年。
2012年はUralSteelロシア本戦へ参加、クビンカ博物館を訪れることもでき、また現SDRHBが生まれた年。
2013年はDetonatioN SDRとして最後のWCG中国本戦まで取り組んだ年。

ここまで「とてもいい目」をさせてもらった。
ただゲームをしてた、という枠には収まらない内容になった。
感謝感謝。

2014年は、本当はWorld of Tanksというゲームから俺が離れていく年にしようかなぁと考えていて、実際には次なる展開先を見いだせずなんだかんだとプレイしているのだけど、そんな中でも広がりってやつがあった。
交友関係、人の輪。

NAからの移行も一定期間を経て、各クラン内で固定化されていた人間関係は流動化し、(俺の場合は)主にTwitterを介して、この時期にあっても尚広がりを見せていった。これは驚くべきこと。
昨年半ばの裏撃破王の賑いであるとか、昨年末いまや軍事顧問としてお馴染みのmk7777氏の取り仕切りによるの忘年会は、遠方よりの参加も交え賑やかな席となったわけです。とんでもなくありがたいことです。

クランやチームや会など、なんでも、入ってみようというキッカケはいろいろある。
が、居続けよう、関わり続けようという理由は一つしか無い。そこに居る人間が好きだから以外にありえない。
そういうことだから、この成果は貴重で大事でとにかく非常によろしいものです。

2011年の夏、キノコや顧問も集まった宴席で、語ったことがある。
日本じゃ大会に参加することも難しいから、いっそユーザレベルで主催してオフライン会場でギャーギャー言いてえなって。
振り返ると、そういうの殆ど叶ってしまったんだよな。

さて2015年は。

All You Need Is Stats

それはひどく馬鹿げた世界の理。

だが、過程の1コマとして見てはどうだろう?
人が他者から認められるのはそんなに難しくもないがけして簡単でもないという話。

認められるってことはなんだろうか?
納得を得ること、させること。こいつが言うなら仕方ない。

どうすれば得られるだろうか?実績を積み重ねるしか無い。
実績っていうのは、そのまんま大会とか仕事の実績であるとか、ツイッターの言語センスが面白く感じたとか、他者より優れている数値的証左があるだとか、話してみて面白かったって実体験、伝え聞くちょっといい話、近くにいると気づくいいところ、面倒事を快く手伝ってくれたりしたらそれはそれは心に残るものだ。

プラスの感情の積み重ねが他人を認めさせる。好評価ってやつ。いいね!
マイナスの感情の積み重ねが他人を否定させる。悪い評判ってやつ。too bad!

誰しも、何も知らない相手のことを最初から認めていることはないだろう。
つまりどんな人間関係も、まだ認めていない、少なくとも半信半疑の状態から始まる。
そして相手を認めるに至るにはそれなりに時間がかかるものだと思う。

その経過をすっとばした言動や行動は、きっと反感や不興となって返ってくるだろう。
ビッグマウス。馴れ馴れしすぎ。身の丈に合ってねえよ、距離感がおかしいだろ、お前が言うのか、なんなんだてめえは。

最近俺の周囲ではいくつかの(舞台裏の出来事に類する)問題が発生していた。
どれもこれも、大体こんなところあるよな、って、さ。

強いクランの全員が強くないのは当然であるということは誰しも理解できるだろうし、それはもっと小さなチームというスケールでも例外ではない。
クランは好きでもあいつは嫌い。チームはリスペクトするがこいつはそうでもない。個はあくまで個だから。(似たような”個”が多ければ纏めて評価されることもあるが)
集団の中の個がどれほどのものかは色々な要素で判断され、また認められるには時間がかかるだろう。

渦中にいた某氏は、多くに認められてはいなかった。今は、まだ。
ただそれだけの話だな。

WoTのFPSを下げずに配信など

親しい方々には周知の事実だけど、俺のPCはWoTプレイ時にFPSがあまり出ない。
単純にCPU性能が追いつかないためなので根本的にはCPUを新調する他ない。
CPUを新調することはマザボの新調も意味するのでにありーいこーる組み直しとなり、とても面倒。当分やりたくねえ。

…なんだけども、多少改善の余地があった。今更気づいた簡単な話。
CPUコアの割り当てを変更してやる。きっとやってる人はとっくにやってる。
俺の場合は下記。

タスクマネージャ > プロセス > WorldofTanks.exe右クリ > 関係の設定 > CPU 0~3をオフ

setting

何をしてるかというと、1~2コア目のCPUでWoTを動作させない。
WoTは実質シングルコアで動作してるので、他のプロセスであまり使用されないコアのみで動かす。
どうせ皆、ブラウザとか音楽プレイヤだの立ち上がってるでしょ。
軽微であってもそれらによるFPSの低下はこれで防げる。

さらに、キャプチャソフトは2コア目だけで動かす、などすれば少なくともCPUの混雑がネックになるFPSの低下とは無縁の状態で配信できるわけ。これは通常時にFPS十分足りてるって人でも使えるんじゃないかな。
CO

勝ち煽りってやつが

ramen1

何故すごく臭いかというと全くサマになってないからである。
なんでサマになってないかといえば、

まず結果が決した後での安全圏からの挑発という点。
(リスクを負わない小物感)
次に1人のプレイヤは勝ちチームの1/15に過ぎないという点。
(勝ちチーム代表みてえなツラして宣う資格がそいつにあるのか?)

開幕から煽ってるのであれば、負けてダサイことになるリスクは負ってるから、幾分いいにおい。
劣勢を個人でひっくり返すなど1/15の枠を超えた働きを以って煽るのであれば、さらにいいにおい。

勝ちを確信した見切り発車の勝ち煽りをひっくり返して勝って、
逆に煽り返すのであればこれはとてもいいにおい。

Clans in the Wargaming Universe

Wargamingは自社タイトル間でクランを共通のものにするらしい、という話。
どうもWGはWorld of シリーズを「三部作」として意味づけることに拘る。
確かに運営視点でいえば、獲得したユーザーを自社タイトル間で循環させることができれば旨味がある。

だが、これは、そのままいけば失敗するように思う。

WGが展開する陸海空だから好きとかそんな理由でプレイしてるやつはいない。
戦車にハマっても船にハマる保証はなく、なんとか戦車隊みたいなクランもある。
要するに戦車でクランやってるやつはあくまで戦車でクランやりたいからやってる。

勿論、WGが望むところの、他タイトルに興味のあるプレイヤーってのは常に存在するはずだ。しかし、シリーズ内の他タイトルに興味あるかどうかは、温度差がある

たとえば、戦車のクランにいるとあるプレイヤーが飛行機にハマったとする。
クラン活動がしたい。しかし戦車のクラン仲間の大多数は飛行機に興味がない。
じゃあ抜けて飛行機やってるクランいくか。でも、戦車もやりたいんだけど。
こういう場合どうすんだ。

うーんwじゃあ戦車も飛行機も皆でがんばるかwwあと船もww
…なるわけねーな?

戦車にしか皆興味ないならいいんだけど、他タイトルもプレイしたい人にとってはただの足枷にしかならない。
つまりWGが望むところであろう、タイトル間でユーザーが循環する仕組みに乗っかったユーザーが一番損をする羽目になる。

そもそも、興味や意欲があったところで時間は有限で身体はひとつ。
3タイトルにまたがって十分にクラン活動をしようなんて絶対に無理がある。

ここに書いたような、30分程度で出てくるような話はさすがに想定の中にあると思いたい。
押し付けがましくないユーザー本位の仕組みとして実装されるといいね。

誰も読まないEULAのその後

前記事:誰も読まないEULA 2012/02/13

そういやこの件、気づいてて書くの忘れてたんだ。
以前、EULAでは複数アカウントの所持について禁止が明記されているという点を紹介した。
おそらく俺が紹介したことがキッカケで、このことはかなり広く認知されるに至った。

ところでEULAってやつは不動ではなく更新される。
以前紹介したものは2012年3月に更新されたものだった。
こんなものは侵すべからん聖典ではなく、いわゆるただの道具なので運用状況にあわせて更新されるのは自然な話。

最近では「複アカ禁止なんてどこに書いてあんの?」って話がちょくちょくでてきて、実際俺もEULAから消えているのは以前に見てた。で、ここから先が問題なわけだけども、現在多言語対応となったWoTではいろいろな言語でEULAが用意されている。英語と日本語それぞれのEULAは以下。

■英語版 Last updated: 09.09.2013
http://worldoftanks.asia/en/content/docs/terms_of_service/

■日本語版 最終更新日:2013年9月4日
http://worldoftanks.asia/ja/content/docs/user_agreement/

まず更新日が違うってのが突っ込みどころとして目を引くんだけど、
読んでみればそもそも中身が違う。規約なのに?規約なのに。
日本語版では複アカウント作成は禁止されているが、英語版では見る限りその類の記述はない。

まぁ複アカウントについてのみいうなら、多分、WG的にはどうでもいいってのが答えなんだろう。
前回も書いたが少なくともインゲームのプレイングにおいてはどうでもいい話なうえ、なにより一般化しすぎているから。

JCG決勝で配信にディレイがなかったとかいうクソ話

真剣に放送見てない。というかもう大会を熱心に見てない。
でもTwitterやらなにやらで情報は入ってくるもので、最初、なんだかディレイがないらしい気配はしててもさすがに冗談じゃねえのかと思ってた。
だってありえないだろ…オンライン対戦の決勝戦で、配信にディレイがないなんて。

で、まぁ結果からいうとそのありえないがありえたらしい。

これってすんげー罪深い話。
単純にだれにでも分かる話として、試合の公平性が保たれたか誰も保証・確認ともできないってのは勿論。
試合内容に対して響くのが、見られているかもしれないという状況では取りうる戦術自体が限定される点。
最後に、参加チーム間で確実に不信の芽が芽生えて根を下ろして消えることがない禍根を残す(残した)。

そんな根に持つの?心配しすぎじゃね?という向きもあるだろうけど、もうTweetに染み出してきてるレベルで無理無理カタツムリ。
ただでさえ神経質で癖強い傾向のあるこの界隈でこれはひどいやらかし。
相当はちゃめちゃのゴミクソマニューバ。表面上に見えるよりずっと重くて深い。

後でならなんでも言えるから言うと、ディレイ無しが判明した時点でチーム間連絡とって全ボイコットすべきだったろう。
事実とりうる手段はそれしかなかったと思う。
15万はほしいと思うけど、目先より今後だろう。

でも、なんにせよ開催側にいる牧野さんのなんてこともないツイートにまで噛み付くのは、八つ当たりの領域だと思うわ。
ディレイ無しでめっちゃいい大会だ!って、プレイヤ出身である彼が本気で考えてると思うのか。

Stronghold

拠点戦。

ぶっちゃけ事前の期待度はあまりなくてようちゃんぐらいしかシステムを読んでも居なかった。んだけど、
何かできそうとなるとおっぱじめるのがこのクランだった。

stronghold

戦闘自体は人数少なめのTC。
まぁ見たとおりなんだけど、TCと違うのはTB同様に戦績が分けられている。
なので安心して参加できる。

TBはAbuse防止のためか3teamいないとはじまらなかったけど、拠点戦は2teamで始まる模様。なので状況次第では延々同じマッチングということもある。

将来性は?

くそ微妙なとこ、夜中の3時まではぎりぎり遊べた。
実装初日だしとみるか平日だしとみるか、まぁもっと早い時間メインなら当分はプレイできるのでは…