CBDリキッドで入眠が劇的によくなった話

今年も残りわずかとなったが、実は今年の印象がとても薄い。
何もなかった年ではない。はっきりいって、劇的にいろいろなことが起こりまくっていた。
ウクライナ侵攻、安倍元首相の銃撃、冬季五輪にW杯…傍目にみてもいろいろなことが起こったが、それらは俺の生活に直接根ざすものではなかった。
だから自身で感じる印象が薄いのだと思う。

敢えて言うなら、俺自身についていえば睡眠改善の年だったと思う。
元来寝付きがよくはなく、布団に入っても気づけば朝だったということもままあり、薬も処方されていて、よく眠れるタイミングといえば疲れている時くらいのものだった。
少ない睡眠時間が続いてその果によく眠る日があるようなサイクルをずっと繰り返していた。

まず今年前半に皆様御存知ヤクルト1000が登場した。
半信半疑で毎日飲み始めたY1000の効果はなかなかのもので、これだけでも随分よくなった。
単純に寝付きもよくなったし、眠っている時間も長くなった。

次に、今年9月からはなんとなくVAPEを吸い始めた。
VAPEそのものに強い興味があったわけではなくて、VAPEで摂取可能なCBD(大麻由来合法成分)製品にぼんやりと興味があった。
結論から言ってしまうと、これがびっくりするくらい劇的に効果があった。
布団に入ってから寝付きまでの時間が異常なほど短縮された。おそらく平均15分もなく、すっと眠れる。
そして、そのおかげで早めに寝ることもできるようになったので、必然的に平均睡眠時間が長くなった。寝付きがよくなった点は無駄な時間が削られたという点でとてもインパクトが大きい。横になっているだけでもいいとはいうが、実際寝ているのとそうでないのとでは大違いだ。

ただし俺の場合寝起きがスッキリという効果はまったくない
よく眠れるが、寝ても眠い。これは元々そんなもんなのでしょうがないかもしれない。悪く言えばただよく寝るおっさんになった。
とにもかくにも、シンプルに入眠という点でいうと、俺とCBD製品の相性は抜群だったということ。

おすすめのVAPE本体

VAPEを吸うには本体(バッテリー+アトマイザー)と、リキッドもしくはワックスが要る。
カートリッジであればそれ自身がリキッド入りアトマイザでバッテリーにつなぐだけなので深く考えなくていい。
510規格のものであれば潰しが効くのでそれがいい。
この本体については調べればすぐでてくるがairis quaserという製品が一番幅をきかせていて、俺も持っていて使っているけど一本だけ買うなら別の製品をおすすめする。

Yocan Ali Slim

https://item.rakuten.co.jp/naturalgift/yocan-sol-slim/

これの何が良いかというと、
・充電がType-C
・電圧調整が無段階で可能
・スリムで軽量

他の製品は充電が未だにMicro-Bだったり(quaserもそう)、付属の専用充電器が必要なものも多い。
Type-Cであれば家にないということもないだろうし、他の機器の充電と兼用できてスマートだ。
そして電圧調整だが、要は強い電圧をかければリキッドが気化する蒸気量が増えるのだが殆どの機種は3段階だけの調整だったりするところ、Ali Slimだと無段階に調整可能(1.8V~4.2Vの範囲)。3段階の調整でも機種によって電圧の振れ幅は様々で最低でも高すぎじゃね?ってのも多い。
俺がAli Slimを推すのは、シンプルに機能面で一番よいから買うならこれにしとけってこと。
バッテリー容量の大きいAli Plusなどの兄弟製品もある、旅行などにはいいかもしれない。

おすすめのCBDリキッド

510規格の本体で使用するには510規格のカートリッジを買う必要がある。
買い始めは勝手がわからんし興味もあるので色々試してみた。
正直半数以上はあまり気に入らなかった。焦げ臭い感じがしたり、草ぽかったり、タバコっぽかったり、鉄っぽかったり、もったりと形容しがたい特有の香り(よくない)がしたりするものが多かった。
結果だけ言うとTerpenderのシリーズだけ買っていればとりあえずハズレはないと思う。

Terpender CBD Cartridge

https://item.rakuten.co.jp/prime-style/terpender/

Terpenderのフレーバーはどれも結構良いんだけど、全て爽やか系で鈍重さや嫌な感じがない。
少し鼻にツンとくる特徴があるのでその点が合わない人は合わないかもしれない。俺のおすすめはSTRAWBERRY LEMONADE(甘味感)とSOUR DIESEL(酸味感)で、こいつらを試して、あとは興味がでれば試していけばいいと思う。
なお同じフレーバー名の他社製品もたくさんあるが味は全く違う。
他に掛け値なくおすすめできるブランドは今の所俺は見つけられていない。
ちなみにこれらのフレーバー名は元となった大麻の品種名に由来しているようで面白い。
こんな味がするならめっちゃうまいじゃん…

各リンクはアフィリエイトじゃないので何も考えずに踏んで大丈夫。

UM Mentor V2を買いました

タイトルのとおりです。たまにはこういう話題でも。

DSC01701

UniqueMelodyは各国の販売代理店と組んで専用モデルを出していく的な感じの戦略があるとかないとかで、ともかくMentorは日本からは直接購入ができない機種のひとつ。なので今回、それなりに名前のでてくる北米の販売店を利用。
USPSでの発送でトラッキングが中国にワープしたりする適当っぷりにちょっと心配しながらも到着まで約8日、結果的になかなかのスピードで不満はない。

以前からイヤホンは多少好きで、最初に買った高級機はIE8。
当時は選択肢もあまりなく、Tf10とか時折ER4の名がよく上がる程度だったように思う。SE535Ltdを買ったり売ったりしてみたり、Tf10をとても気に入ってIE-40ともども揃えてみたり、Answerの聞きやすさに惚れてみたり、そうこうしている間市場は広がり続け、どの価格帯も拡充されたとはいえ昔なら冗談とも言えるような10万オーバーの世界が今や異様なものではなくなってしまった。IE800を発売日から使い続け、保証が切れた後に修理を依頼したところ無償で本体交換になるなどといった出来事も時折Twitterでは書いてきたけど、最近はリアフレともこの手の話題を話すことが増えたので肥やしにでもしてみようかと思った次第。

Mentorに話をもどす。
日本では買えない機種のため試聴の機会は限られる。俺の場合は視聴せずに買う冒険をした。とはいえ、UMのユニバーサル機は販売され視聴可能なものとフェスで展示のあったMason2は試聴し、全体的な傾向は理解した(つもり)上での買い物。レビューも探せるだけ探して、好きな音だろう、少なくとも嫌いじゃなさそう、という目星はあった。ついでにリアフレがMaverickに手を出しそうなので俺は別のものを試してみようかというのも、小さいながら選択の理由になっている。
なんというか、UMは篭もりを感じさせないクリアな音作りがベースにあってその上に機種ごとの色を与えているようなイメージをもってる。まぁ聞いたことのないMerlin(これもユニバーサルが存在する)とかだとどうなのかわからんけど…

届いたMentorの音を一聴すると、低音量だと特長が薄く、おとなしく平面的に聞こえて首をかしげる。これが、音量をあげていくといい感じに素性がでてくる。ちょっと大きめの音がおすすめ。まず中高音はいかにもUM的なクリアさの強烈に効いたもので、刺さることなくギリギリのところでエッジに丸みをもたせたようなイメージ。ツヤがあるという表現が似合う。低音は量感は程々で、弾力的な音が気持ちいい。ガチンときつく締まってはいないが、輪郭を感じさせてぼわつかない低音。
そしてこれらの音が上手く重なってお互いを殺さない、空間のそれとは別に、音の重ね方の上手さみたいなものを感じられる。

個人的にはこれにもう少し空間の広さが強くでてくると最高だった。
でもこの感覚は、Tf10を長く気に入って使いすぎた結果だと思う。

(価格を考えても)当然ではあるけど、手持ちでは一番になった。
しばらくは通勤時も家での音楽鑑賞も楽しくなりそうです。

DSC01708
ちなみに先代との変更点としてノズルが金属製ではなくなった..という点が主に挙げられるけど、よくよくみるとノズル自体は一体成形のアクリルながら音導管は金属製の模様。薄い箇所を横から見ると管が透けて見えるし、写真写りの問題ではない。
端子はMaverick等他機種とは違っていて、UEカスタム互換に見えたが….調達して確認したところ現行のUEとは互換性があるものの時期によっては互換性がない、というややこしいものでした。
これはUMではなくUEがややこしい。
多分QDCも同じ、AROMAのW12も同じかもしれない。

ちなみに付属のケーブルは2種類ついており、最初から刺さっているのが銀線。
もう片方は銀銅のハイブリッド。

DSC01710

いずれもMaverick等についているっぽい黒のケーブルとは全く異なるもの。
どちらも見た目非常に綺麗で高級感ある外観をしている。
国内販売されていないMentorの性質上、純正品が破損・断線した場合調達しづらいので、替えの利く他社品を入手してそちらをメインに使おうと思っている。

PC改装

低スペといえばvezel。
どことなくそんな空気感を漂わせていた俺の所有PC歴を変えたマシンも、6年を超えるとさすがに遅い、遅い。
WoTも長いこと30-40FPS、AWは解像度も下げて同程度。
というプレイにFPSの低さを感じる状況が2年ほども続いてましたがこのたびようやく改装とあいなりました。というのもスペックの改善以前に動かなくなってしまったため修理・改装せざるをえなくなった。

CYxcQ9WWwAAtsYr.jpg large

あくまで改装なのでケースや光学ドライブ、電源といった部位は引き継ぎ。

主要な変更は最大のネックだったCPUが i7 6700Kに更新されたこと。
ただここまでやるとこんどは少し古くなりつつあるHD7970が多少ネックになってくるんだなぁって、録画しながらAWを全て最高設定でプレイなどするとマップによって60FPSは維持できない。