ゲームのWIKIは乾燥データ以外一切見ないようにしよう。書かないようにもしよう。

タイトルのとおりです。
これは以前から度々言ってきてることなんだけども、無味乾燥なデータベースとしてのwikiは価値がある反面、個人の主観で左右される部分、つまり説明みたいなものの大半は見る価値がない。これは多くのゲームのwikiでそうだ。WIKIの記事は誰でも書けるのがメリットであり、誰でも書けるからこそ、主観に左右される内容の信頼性は薄い。編集者が信頼できる人間なのかどうなのか判断ができない。というか、無記名である以上は判断するための材料すらそこにはない。反面、ただのデータ、たとえば性能の数字なんかには主観が入りようがないから役に立つ。

例えばこの記事、MineCatapultの説明文。
http://dreadnoughtwiki.wicurio.com/index.php?MINE%20CATAPULT

当たるとめちゃツヨイ。が、基本的には敵の上空に設置されてしまうためまず当たらない。GOMI。それなら爆発する範囲で直射しようとすると、自爆して死ぬ。救いがない。

完全にただの感想文…を超えて愚痴とか文句の類。
欠点を淡々と述べた結果ですらなく個人が運用に失敗した日記帳。
正直、この類の編者はいかにコンテンツの充足に寄与していようがひどいもんだと思うね。

まぁゲームのWIKIってのは大概こういうもんだ。
だから、乾燥データ以外参照するべきではないし、無駄な主観を書き込んで惑わせる側にもなるべきではない。

で、どうせなので例に上げたMineCapapultについて少し語ろう。
MinecatapultはいわゆるArtyの1番Moduleであり、有用な選択肢が豊富で迷う箇所。
Siege、Purge、Rapidfireのショット強化系は最近の流行としては下火になっている。なにせ動けないしエナを食うので扱いづらい。安定した運用が可能なBombCatapultがなんだかんだで一番人気だろうか。MineCatapultの運用は確かに難しく、使用者も少ない。

ではMineCatapultのメリットはなんなのか。
それは非常に簡単で「触れさえすればほぼ死ぬ」こと。
これが回復でガチガチで固めた編成が多い現状では結構重い1killになる。killにもっていくのがしんどい環境下で即死トラップを張れるのは強い。
もしくは動きの制限という点でも強い。なにせ当たったら死ぬんだから近寄れない。
特性上確実な命中というものは得られないが、そこそこ高確率でぽろっと棚ぼた的にkillを拾うことが出来るのがMineCatapult。
投げるときは動きの乏しい敵周辺、できれば最奥の敵へ。

俺はMurometzではBombCatapult、OnagerではMineCatapultになっている。
前者は動きが素早く、射撃位置も取りやすいのでBombCatapult込みでキルまでもっていくダメージ計算を組み立てやすい。
対して後者は動きが鈍く受け身な射撃になりやすいので、積極的にキルまでもっていくダメージ計算を組み立てにくい。
そんなときにぽろっと拾える網を張っておくと美味しい目ができる。

CERES AWAKENS なんとかかんとかがおわった

はよおわらんかなぁと思ってた。
このゲームモードはおもしろくなかったと思う。

そんな感想ですが、商品圏内になぜかランクインしてたようです。

実際のところ全く狙っていなかった。初日だけ選んでいくらかやったんだけどあとはずっとAnyだった。
数字的にも23000でいいなら、15戦くらいしてればそれで商品圏内に到達した理屈になる。
上位Tierの部門はそこまで簡単な数字になっていないところをみると、Recruitはやはり通過地点としかみていないプレイヤが多いというわけで、それなりに健全な構造になっているのかもしれない。

CERES AWAKENS なんとかかんとか

Ceres Awakens Leaderboards Challenge
https://www.greybox.com/dreadnought/en/news/ceres-awakens-leaderboards-challenge/

イベント要約

Ceres Awakensという新モードでの7/13までの期間中のスコア合計を競う。
使用した編成の平均Tierにより4つのクラス分けがなされていて、2未満、3未満、4未満、4から5までの区分。
それぞれ1位が4000gp、2~5位には1200gpが賞金として付与。
スコアは自動的に加算されていくが運営発表以外、リアルタイムで数字はでない。

Ceres Awakens モード概要

マップはRyuguHaven固定で基本的にはただのTeamDeathMatch。
ただし、バフアイテムがでてくる。まさかのCloudpirates風味。
アイテム回収は当然Corvetteが早いので、ボトムになったらVetteで拾うのも仕事としていいがアイテム取得は肝心のスコアにならないクソ仕様

感想

賞金はたいしたことがなく、Rank付のシステムも暇人仕様なんで正直やる価値はないと思う。
狙ってやるなら、2未満のクラスに張り付けば、そこそこ稼げる腕(と時間)があるなら入賞はおろか1位もわりと余裕だと思われる。
一番の問題はモードが全然面白くないことだ。
Dreadnoughtにマリカー求めてる人はいないだろうし、ランクの付け方も時代錯誤。
こんな変な仕様ではなく、期間中のKill数とか最大Scoreのコンテストとかそういった方面のほうがいいのでは?