Dreadnought PC UPDATE 1.10

PC UPDATE 1.10

https://www.greybox.com/dreadnought/en/news/pc-update-110-sinley-bay-tune-/

ハゲのゲームはフットワークは軽い。
ただ走ってる方向が正しいかは別問題だし、そこから何が生まれるか未知数なのは良くも悪くもDreadnoughtの面白いところだ。

何が変わったのか

色々変わったが主要なのは下記。
一番の主眼はTC+DNの芋で倒すのが困難な構成などOP部分を改善することだった、はずだが…..

Vette:KineticArmourが弱体化した
無茶な切り込みはもう無理だと思う。
他のModuleを入れたほうが使いみちがでる。

Arty:直接の変更は殆どないが…
Artyはあまり性能の調整を受けていないが環境の影響を受けてやや厳しくなった印象。
というのもTCのPodが(後述)

DN:Salvoが弱体化しPulseの重要性があがった
まずArmourBoosterPulseの範囲が上がったのでチームのBuffとしての存在感が高まった。
一隻いるだけでチームの防御力は格段に良くなる。
攻撃面ではSalvoの威力がさげられたが依然有用ではあるレベル。
またSalvoは後述の敵TCのPod群を掃除することも可能であり、逆に味方TC保護のシナジーがあるので有用なロールであることは変わりがない。

DD:StormMissileが弱体化した
射程が2000になってしまった。もう一歩踏み込めばFlakの射程だよなってくらい近い上、確殺とまでいえる威力でもないので正直厳しい。
おかげでStomMissileとManeuverを組み合わせたタイプのVindictaは死滅し、代わりにPlasmaRam搭載艦が流行っている。
尤も、これはStorm代替というより前Ver後期からの流行なのだけど、この後に書く状況が拍車をかけた。

TC:戦法全般が変わった
一番劇的に変わったのはなぜかこのロールだった。
まずRepairAutoBeamが弱体化したこととシールドを無視するPlasmaRamの台頭から、回復のみに注力するタイプのTCがやや廃れた。
それとPodの同時展開数がなぜか無制限になったことでPodを撒きまくる戦法が非常に強い。
見てくれこのスコア(負けてるけど)。

展開数に制限がなくなったとはいってもライフタイムはあり、爆風系の兵装で破壊もされるので無限に増やせるわけではないが、たくさん置く努力をすることで飛躍的に強くなる。
具体的にはArtilleryPodとHealPodを併用しつつOverclockModuleで回転率をあげる。3番はお好みだけど、弱体化したとはいえRABも有用だしOverclockPulseでさらに回転率をあげてもいい。
RetaliatorとAdrenalineShotをセットして大量のHealPodの中でシールドを展開しているだけでそうそう死なず、6500ダメージをばらまくPodを大量に展開できる。
下記のようなセッティングが鉄板だと思われる。

要するにTC一隻でMurometz一隻分に近い火力を複数展開できて回復も攻撃もこなせる。
これと対峙するArtyは立ち位置が難しく、他艦の半端な火力ではエナもHPもどんどん回復するTCを倒しきれず、逆にPodで倒される危険もある。
という状況なので一撃で決めきれるPlasmaRamでの片道切符上等みたいな戦法が流行っていて結構雑なゲームになったなぁという感覚がある。
あとCorvetteは基本息をしていない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中