Xiaomi 12 Pro / Oneplus 10 Pro / vivo X60 Pro+ 夜景比較

すべてナイトモード使用。

Xiaomi 12 Pro

露出時間が照度で適切に管理されていて、非常に暗いシチュエーション以外で短い。
よってミスショットが非常に少ない。
明暗のコントロールがよく、白飛びもなく暗部のディテールもよく素晴らしい。
vivoのようにシャドウを持ち上げすぎないので暗さの演出ができている。

Oneplus 10 Pro

明るくても暗くても露出時間がいつも一定に長い。
なのでミスショットだらけになるし、だいたい多少なりぼけ気味で多くの写真でシャープネスが足りない。こいつ9 Proからまるで成長していない…
ハイライトのコントロールは良好で12 Pro とあまり差はないが暗部のディテールで劣る。
3.3倍望遠の撮影ではシチュエーションによって専用レンズが使われたり使わなかったりする謎仕様。
たとえば指で塞ぐとメインカメラのクロップに切り替わる。その仕様、要る?w

vivo X60 Pro+

去年の機種としては未だに異様に強いが…ハイライトが抑えられていないあたりが今回の比較でかなり目立ち、新機種に比べて処理が古臭い。
非常に暗い環境を明るく映す性能は今持ってなお、やはり素晴らしい。
肉眼より格段によくみえるくらいだ。ナイトビジョンかお前は。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中