WoTG OBT開始

EUとRUでOBT開始。
NAとASIAは進展なし。進捗だめです!

で、最新のバージョンでは

当然VUとしていくつかの変更が入ってる。

目立つところでは第二十一大隊の性能が再度調整。
火力が2で防御が24になっているほかアビリティも変更。
「相手HQの火力が2以上の場合1減ずる」という内容。
今までと似てるようで実際の動作はかなりちがっていて、HQの火力を減ずるといっても基礎火力にしか効果がない。
つまり基礎火力1のHQで砲手を使った場合は何の効果もないし、そもそも自走砲には効果が及ばない。
この状態では基礎火力1のHQに対しては全くの無意味であるアビリティの効果は薄く、基礎火力2の凡庸なHQといった味わいになってる。
あと、どうもバグってるらしくHQがSPGではなく通常ユニットと同じ挙動をする。
つまり敵ユニットを撃つと反撃される。lol
ただこれによりHQで弾受けをしてユニットを守るクソテクが発生していたりもする…

衝撃の一大変更が

どうしようもないとんでもない変更も入ってる。何か。

一部カードが開発して購入するということができないレンタル専用カードになった。
その額、1時間あたり10Gold。 lol

rentalcard

それらの多くは、SU-26や砲兵17といったTier4HQで使用する強力なカード。
アメリカの場合は必須ともいえるT2MTであり、レンタルなしでは相当厳しい。

WoTGはカードの種類が何百もあるわけではなく、各HQに8種類のカードがあるだけで、このうち2枚ずつ、つまり全カード中1/4がレンタル専用カードという状態。この馬鹿げた割合のレンタルカード達によってこれらのカードを使わないデッキ構築が難しいだけでなく、そもそもいろいろ使えないのは面白くないという救いようのない状態になっている。

当然、Forumでもボロクソに言われている状態で、撤回されるのか押し通すのか注目だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中